あちこちぷらぷら005〜 野岩鉄道−上三依塩原駅周辺散策− 〜


◇今日は第2期関東の駅百選の一つである野岩鉄道−上三依塩原駅周辺散策−余り時間が無かったのですが
周辺をさらさらっと散歩してみました。

今日も『第2期関東の駅100選スタンプラリー』のスタンプを集める為、 家を早く出て上毛電気鉄道西桐生駅→JR足利駅→東武伊勢崎線館林駅、そして最終、目的地である 野岩鉄道上三依塩原駅、を廻っていた。特に野岩鉄道上三依塩原駅は電車の都合とゆっくり見たいと 言うのもあり栃木駅で行くか行かないかを決めた。結局、乗り継ぎが上手くいったので行くことに する。野岩鉄道上三依塩原駅に行くには浅草から東武鉄道鬼怒川線・野岩鉄道・会津鉄道直通の快速電車 会津高原行き電車に乗ると浅草から167分(2時間47分)値段も¥2300。又この先の会津高原まで 行きここで会津鉄道に乗り替えるとJR線で新幹線と在来線を乗り継ぎ会津若松へ行くルートとは別のコース で会津若松に行く事ができる。但し時間は新幹線で行くより2時間ほど多くかかるが(浅草から約5時間) 値段は¥4540と新幹線を使う場合のほぼ半額で行ける。さらに列車は山の中を走っているので車窓からの 景色も楽しめる。是非今度行ってみようと思っている。 さて栃木駅から東武鬼怒川・野岩鉄道直通快速会津高原行きの電車に乗り1時間35分かかってようやく到着 降りてからの第一声は「あ〜何もない...しかしそれがいい〜」と変な感想、また駅舎の形も特徴がありなかなか 面白い所。早速スタンプを押し<記念切符(昔なつかしい厚紙のやつ)など買い込む、さらに外にでて駅舎の写真を撮り 次の上り電車まで一時間ほどあるので駅周辺をぷらぷらしてみる

←上三依塩原駅のスタンプはこんなのです。(^-^;

  

駅近くにはR121とR400が通っていてR121は鬼怒川温泉からまたR400塩原からきて上三依塩原駅のちょっと先で合流し会津田島方面へと続いて行くまたちょうど2本の国道の間に旧会津西街道がありここには一里塚や野仏群・さらに近くには男鹿川が流れている。この男鹿川七滝という名の滝もある。さらにその先には上三依水生植物園があり4月中旬〜11月末まで色々な草花(200種類)が見られる。しかし今回は時間の関係上行けなかった。【残念..(T^T)】

  

  

木漏れ日浴びながらを歩くといつもとは違い体が軽く、なんだか気持ちが良くなり楽しくなってくる。ここ旧会津西街道にある一里塚は地元にもあるが石タイプでこちらは土タイプ、一里塚と書いて無ければ何これ?なんて思ってしまうかも(^^;、さらに歩くと野仏群が見える。野仏も地元にはあるがこれほどの団体さんは初めて!まず手を合わせ軽くお辞儀をしてこんにちはと心のなかで思う。さらに歩くとこういう良い場所には存在自体が合わない不法投棄物(`へ´)フンッ、自然の中に帰るもの(無害なものに限る。)ならともかくこういうものを捨てる人の心がわかりません。私は少なくとも車は解体してもらう。

  

男鹿川綺麗ですね〜橋の上からも魚が泳いでいるのがみえました。こういう清流や自然は我々の子孫達の為にも大事にして行きたいものです。
(自然を破壊スルのは簡単、しかし元に戻すのはかなりの時間が必要)

←9月の始めですがもう赤とんぼが飛んでいました。そんな中橋桁に赤とんぼがとまっていたので撮ってみましたがみえますか?一眼レフを持って行かなかったのでちょっと残念です。(^_^;)よ〜し来年こそ!!(゜.゜)そうそうコスモス↓も綺麗に咲いていました。右側の花はそばの花かな?


  


あなたも何かを探しにあちこちぷらぷらしてみませんか?

☆関東の駅100選とは...
平成9年度から関東の鉄道会社(山梨県含む)の中から特徴のある駅、また歴史ある駅など一般から公募して
関東の駅100選選考委員会が選び認定した駅の事で平成10年から4年間選ばれた各駅を廻る「スタンプラリー」
もあわせて行われています。


ぷらぷらした日・撮影日:1999.09.04

撮影機材:Nikon 35Ti

文・構成:しむしむ

MENUへ