あちこちぷらぷら004〜東京遺産−神楽坂−その1!〜


◇今日の天気は曇りのち雨といういまいちな天気だがオーバーホールの終わったNikon 35Ti2台を持って家を出る、途中会社に寄り地図に持って再び電車に乗りJR東日本の小さな旅小冊子で紹介されていた神楽坂を歩いてみる事にする。まずは神楽坂ある飯田橋へ向かう。

飯田橋に着き改札を出て空を見上げてみるといつ雨が降ってもおかしくない空模様だが気にせず神楽坂方面へ歩き始める。神楽坂を歩いていて感じた事は食べ物系の店が多い事、ファーストフード・居酒屋・ら〜めん屋・料亭・おしゃれなイタめし屋など種類も豊富、神楽坂(飯田橋)付近にはオフィスや大学、高校が多い為?、勿論遊びに来る人達も多いからかな?。そんなメイン通りでは無く裏道や路地を地図を片手に探検してみよう!!

  

 表通り歩いていると色々な顔が見えてくるまず商店街、次にいろんなジャンルの食べ物屋、横道には飲み屋街、そしてちょっと入った路地裏には料亭街がある。また建物を見ても面白く新旧の建物がアンバランスさをだしている。がそのアンバランスさが神楽坂の街並みにあっているのかもしれない。しかしいずれは古いものはすべて無くなっていく運命なのかも...そういう風景を少しでも多く撮っていきたいと思う。

  

←こんな名前のお店がありましたまさか本当に.....(^_^;)

昼近くになり腹も減ったので歩いている時に見付けた゛ら〜めん屋黒兵衛″でダブルチャーシューめんと餃子を食べる。ら〜めんの方は味はあっさりしているがこくがあり美味しい、チャーシューは文句なしで餃子は野菜が多いものの食べると肉汁というかスープがじゅ〜っとでてきてこれも又いける。今度きたときは別のラーメンを食べよう!!また神楽坂にはほかにも良さそうなお店があるのでそちらの方も行ってみたい。

  

お腹も落ち着いたので再び神楽坂をふらつき始める。神楽坂上から神摺坂文面へ大久保通りを歩く、ちなみに大久保通り は工事中。つづいて牛込城跡方面へ向ってると住宅街へと迷い込む、新らしい建物(家やアパート)の中に古い建物(家)有、そんな景色を数ショット撮る。住宅街の中には最高裁判長公邸もあり警察官が警備していた。住宅街を後にして外掘通り方面へ歩いていくと雨が降ってきたので神楽坂めぐりは天気が良い日にでもゆっくりという事にして飯田橋を後にしてちょっと有楽町に寄ってから帰ろうと思い電車に乗る為駅に向かう。

←神楽坂口のホームから飯田橋駅内です。ここの連絡通路はとても好きです。えっなぜかって?(~ヘ~;)ウーンただ何となくかな?

 有楽町に着き3・4番線ホームで面白い者(物)を見掛け、いや見つけたそれはな〜んとたぬき(の人形)さんなんで?ここに?と言う場所にいます。興味がある方は3・4番線ホームの新橋側へどうぞ!!。駅をでて晴海通りを勝ち鬨橋方面へ歩く。途中中古カメラやを数件まわりながらさらに勝ち鬨橋方面へ歩いていると人が少なくなるのに気付く、歌舞伎座を過ぎた辺りからは特に人が少なくなるまあ休日だからかもしれないが... 歌舞伎座の先に築地川銀座公園でちょっと休憩、築地川といっても今は車が走っている首都高Cにかかる橋の上にある公園、もしかして首都高の下に地下河川があるのかな?そんなよう分からない公園を後に閉鎖された松竹会館の横を通り、築地3丁目にある築地本願寺まで来たところで雨が本降りになり今日のぷらぷらはここまでにして帰る事にするがちょっといつもと変えて都バス03系で新宿西口まで30分ほどバスに揺られながら疲れのせいかうとうとしていてあっと言う間に新宿に着きバスを降りる。又天気の良い日に東京遺産でもある神楽坂をゆっくり歩きたいと思い電車に乗り帰路べとつく。

  


あなたも何かを探しにあちこちぷらぷらしてみませんか?

ぷらぷらした日・撮影日:1999.04.10

撮影機材:Nikon 35Ti

文・構成:しむしむ

MENUへ